会社は死んでも経営者は生き残る。だから生命保険で資金移動を。

法人保険の退職金スキームを知らない経営者はモグリです。 いやモグッた時に浮上が難しいのです。

退職金は個人への課税が1〜2%だということを知ってましたか?

 

 

前号で、法人保険は「節税」というよりも、今年の「税金を未来に繰り延べできる」ということを話しました。

 


このスキームを理解すると、「どうせ税金で持っていかれるんだから使ってしまおう」というマインドから「できるだけ節約しよう」というマインドに変わります。

 

企業が飛んでしまったら、国税も税金をとれなくなってしまいます。


失業者も増えます。だから今年の税金を消すために「節約する」ことはウェルカムだということも話しました。

 

 

こうやって、未来の資金需要に備えることができるわけですが、せっかく貯めたお金の出口として重要な戦略が「退職金スキーム」です。

 


「生命保険」というと「万が一のために」ということを連想してしまう人も多いようですが、実際に法人保険をアグレッシブにやっている経営者は、死ぬつもりはサラサラありません(笑)

 

 

むしろ、「解約返戻金」を「生き金」にする考え方をもっています。

 


その最たるものが、「個人への資金移動」です。

 

 

企業にとっては退職金は「費用」となります。
そして、退職金はほとんど課税されません。

 

 

国税庁のサイトではご親切に節税事例がかいてあります。

 

10年選手の退職金が800万円で源泉徴収税額が9万円。
30年選手の退職金が2300万円で源泉徴収税額が38万円です。

 

 

どうですか。税率1〜2%の世界です。

 


もしこれらのお金を給与にして払っていたら、社会保険料と住民税で3割はもっていかれます。

 


だから、役員報酬や給料は必要最低限だけ払って、退職金を積み立てた方が結果的にお得なのです。

 


従業員に対しても年収を上げるよりも、退職金を積み立てた方がいいのです。

 


ハーフタックスプランというスキームでは、保険料の半額が損金計上になります。
社員の退職時に、保険を解約して解約返戻金から受け取りますが、退職金という「費用」にまわるわけですから「確実な節税」になります。

 


この退職金の優遇制度。とてもうまくできてます。


人はお金をもらった分だけ使おうとする生き物です。

 


だから、国は「節税をモチベーション」にお金を節約させているわけですね。

 

これは国策とさえ思います。

 

 

ここで「俺は経営者だから、退職金なんて考えられないよ。」というあなた。

 


そんなアナタのために記事を書いています。

 


新規事業を新しい会社でやって、今の会社をやめればいいんです。


もはや一つの事業で10年も続くビジネスって少ないんじゃないでしょうか。

 


しかも企業は公器です。


社長がずっとその会社にのさばる必然性はありません。


そのくせ、社長は会社の借金の連帯保証人を負わされます。

 


一回失敗すると、金融機関は手を差し出してくれません。


自分のお金は自分でまもらなくちゃいけないのです。

 


先ほど、「経営者は自分の死なんか考えていない」と書きました。
でも「会社の死」はいつも隣り合わせにあります。

 


一度会社が死ぬと、再起するのは難しい。

 


だから、儲かっているうちにコツコツお金をためる必要があるのです。
そして、ご褒美として退職金をもらって、新しいビジネスをはじめりゃいいのです。

 

それでは、法人保険ドットコムで退職金をシミュレーションしてみましょう。

 


たとえば5年後に退職するとしましょう。

 

 


こんな感じででてきました。

 

 

法人保険ドットコムでは、年度別の解約返戻率の高い順がわかります。

 

一番上の商品でやってみると、3250万円を積み立てて、3200万円が解約返戻金でかえってきました。


企業にとっては、半額損金で総額500万円の節税になり、個人のあなたには3000万円がほぼ無傷で手に入ることになります。

 

さてと6年後にやりたいビジネスを考えますか。

 


世界一わかりやすい法人保険のマスター講座

 


経営者のための法人保険セカンドオピニオンツール

 


法人保険ドットコム

「会社は死んでも経営者は生き残る。だから生命保険で資金移動を。」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 15203view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 12168view
現物支給で非課税になるもの。給与所得になるもの。
現物支給で非課税になるものは、1.使用者側の業務遂行上の必要から支給されるもの、2.換金性に欠けるもの、3.その評価が困難なもの、4.受給者側に物品などの選択の余地がないもの、があげられます。
OFFICE LIFE | 4840view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング