経営者の退職金

経営者の退職金を生命保険で積み立てる際のポイントについて解説していきます。退職金は日本で最も税率の低い「個人のお金の受け取り方」になりますので、中長期的な準備が必要ですが、生命保険での準備は最も有効な対策の1つです。

「経営者の退職金」に関するキーワード

» 経営者の退職金に関するキーワード一覧

「経営者の退職金」に関する記事一覧

14件中 1件 - 14件
長期定期保険で「低解約あり」は選ぶべきではない。
長期定期保険には「低解約タイプ」と「低解約ではないタイプ」の2種類があると思いますが、低解約タイプはユーザーにとって、支払えなくなってやむをえず解約せざるを得なくなった場合の損失リスクが高すぎるため、法人保険ドットコムでは全くオススメできません。
法人保険ドットコム | 185view
会社は死んでも経営者は生き残る。だから生命保険で資金移動を。
法人保険の退職金スキームを知らない経営者はモグリです。 いやモグッた時に浮上が難しいのです。
法人保険ドットコム | 1700view
【完全なる節税】「全額損金タイプ」の退職金という裏ワザもある!
「1/2損金タイプ」の長期平準定期保険・逓増定期保険に比べるとややマイナーな保険ですが、経営者の退職金の積立に活用されている全損保険があります。
OFFICE LIFE | 2898view
退職金をより多く受け取るために。経営者の「出口対策」
積立型の保険商品といえば、解約返戻率とタイミングばかりに目が囚われてしまいますが、他にも見ておくべきことが3つほどあります。
OFFICE LIFE | 792view
【退職金積立】長期定期保険と逓増定期保険の違いとは
「長期平準定期保険」と「逓増定期保険」の共通点は、1.解約返戻金が積み上がる、2.半額損金にして税負担を軽減、3.多額出費時の赤字のリスク回避、があげられます。
OFFICE LIFE | 1330view
低解約定期とは、ガマンしたらボンと返戻金があがるんです!
低解約返戻金型定期保険は、低いコストで退職金を準備するのに向いている保険です。
OFFICE LIFE | 477view
半損になっても法人向けがん保険が人気の理由
平成24年まで「法人向けがん保険」は保険料全額の損金算入が「黙認」されていました。 それが半額になったわけですからメリットはずいぶん薄くなったかに見えます。
OFFICE LIFE | 813view
相続税対策といえば一時払終身保険。
1回の支払いで、終身にわたって死亡に備えながら、資産形成ができる保険です。 「月払い」「年払い」に比べて保険料を安く抑えることができるほか、相続税対策にも利用できます。
OFFICE LIFE | 2293view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2337view
退職金の現物支給は、短期払医療保険&名義変更で!
掛け捨てにあたる「医療保険」は全損扱いとなります。 役員に対する医療保険、そして退職金現物支給として活用されています。
OFFICE LIFE | 650view
変換権を活用すれば老後も相続も安心
社長という人種は自分の引退など考えないものです。しかしながら、いづれはやって来る老後について、どこかで考えなくてはなります。考えるなら「今でしょ」というわけで、終身保険への変換について解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 803view
被保険者を自分にする必要はない。経営者の賢い勇退方法。
法人が保険金をかけて、法人が返戻金や保険金を受け取る場合、被保険者が誰であれ、保険から得られる利益に個人は関係なく、使いみちは法人の自由です。とはいえ、税務署にきちんと説明ができないといけません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 467view
中退共(中小企業退職金共済制度)って本当にいいの?
中小企業で従業員退職金の積立制度として人気の中退共(中小企業退職金共済制度)は平成27年時点では、約36万社・330万人が加入しています。中退共の特長は、掛金の全額が損金として計上できる点と、国の助成制度がある点になります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2132view
役員の退職金はいくらにでも設定できる?
経営者の退職金の決め方は、法人で払える金額の中で「社長が必要なだけ」「社長の家族が必要なだけ」支払えば良い事になります。生存退職並びに死亡退職のどちらにも対応出来るという点で生命保険を活用した退職金積立が非常に有効です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 873view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング