取引信用保険で売上アップ?

損害保険商品である「取引信用保険」とは、取引先の倒産などにより売掛金が回収出来なくなった場合に保険金が支払われる保険です。

後ろ向きなイメージだけど、実はアグレッシブな損害保険

 

取引信用保険とは

 

「取引信用保険」は、取引先の倒産などにより売掛金が回収出来なくなった場合に保険金が支払われる損害保険です。

 

企業は取引先の全リストを保険会社に提出し、保険料は保険会社が算出します。

取引先ごとに最大債権残高に対して幾らの補償が出るのかもその与信調査次第となります。

 

そして、取引先の倒産や法的整理など売掛金の回収が回収出来なくなった時に、保険がおりるという仕組みです

 

なお保険会社商品によっては、取引先の「支払遅延」に関しても補償されるケースもあります。

 

 

新規取引先のリスク回避

 

新規取引先の与信チェックを自社で行うのは難しいですが、 取引信用保険の補償対象先にする事が出来た先についてのみ販売をすれば、貸倒損失の発生を未然に防ぐ事が可能になります。

 

また、新規取引先選定について「取引信用保険の対象に出来る事」という条件を設定する事で、選定に関する時間と労力を省力化することが可能です。

 

 

決算対策に活用できる

 

取引信用保険は、保険期間1年の損害保険契約であるために、支払った年間保険料はその期間中の損金に計上する事ができます。

 

取引信用保険を決算前に契約を結べば、その期中で損金計上したうえで「次年度の販売活動に対する投資」として活用できます。

 

 

まとめ

 

取引信用保険は、取引先の倒産に備えるものですから、そんなケースは少ないだろうと高をくるるかもしれません。しかしながら、取引先与信管理の簡素化や、決算対策に活用できる保険でもあります。

 

信用不安の噂が流れている企業に対して、同業他社が販売を躊躇している中で積極的に取引を行うこともできますから、ものは使いようということになります。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

購読無料

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「取引信用保険で売上アップ?」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 30900view
突然の会社清算、社員はどうなる?
2015年の倒産件数は8812件、負債総額は2.1兆円。一社あたりの負債額は2.4億円になる。戦後最大の倒産件数は20,841件(1984年)、負債総額は24兆円(2000年)。なお、バブル崩壊期(91〜93年)の倒産件数は1〜1.5万件、負債総額は6〜8兆円だった。
OFFICE LIFE | 13749view
経営者の私、いったいいくらの保険金を積めばいいの?
法人における必要な保険金額は、法人や事業の特性、経営状況、後継者の有無、家族保障、相続対策などあらゆる観点から多角的に検討をする必要があります。その上でどんな保険コンサルタントや税理士に相談すべきなのか、徹底的に解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 633view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング