退職金の現物払い、介護保険こそ節税ラインナップに。

昔は「病気」か「死亡」だけの対策で済んでいたのですが、今ははそこに「要介護」の対策もしておきましょうということになります。

介護保険、全損、名義変更で、セカンドライフもバッチリ

 

ユーユーの津崎です。

 

今日は介護保険についてお話します。


「介護保険」と「法人の節税」というのがあまり紐付かない経営者の方が多いようです。


といいますのも、介護保険自体が最近出来てきたものですから、なかなかピンとこないのでしょう。

 


保険商品は世の中のニーズによって生み出されています。

 


介護保険も昨今のニーズから生まれており、当初は発動条件が「要介護4」だったのが「要介護2」でも給付金が出るようになったりと、商品自体も年々改良されています。


近い将来には「要介護1」の給付要件の商品が出るんじゃないかと思っています。

 

 

さて、この介護保険をなぜ節税ラインナップにオススメするのかというと、その理由は、社長個人としてのセカンドライフも重要になってきたからです。

 


昔の経営者像といえば、現職中の死亡で、大勢の参列者に見送られるというイメージでした。


引退後も要介護状態ということはあまりなかったと思います。

 


ところが、突如として要介護状態になることが襲ってくるのが、この高齢者社会の日常です。


つまり、昔は「病気」か「死亡」だけの対策で済んでいたのですが、今ははそこに「要介護」の対策もしておきましょうということになります。

 

 


例えば、介護特約を法人で最短5年の短期払いができます。
これは掛け捨ての全額損金で、その額面分の利益圧縮ができます。


払い終わったあとで、社長個人に名義変更をします。
掛け捨て商品で解約返戻金はゼロですから、個人は法人からゼロ円で買えます。


つまり、非課税で数千万円の給付金を貰える権利を手に入れることができるのです。

 


「介護保険、全損、名義変更」で、セカンドライフもバッチリと覚えておきましょう。

 

 

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

無料購読

 

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!    

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up
 

「退職金の現物払い、介護保険こそ節税ラインナップに。」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 16374view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 10231view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9081view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング