子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!

子宮頸がんとは、子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。 子宮頸がんの原因はHPVウィルスです。子宮頸がんになる前の病状を「異形成」とよびます。

子宮頸がんは子宮がんのうち7割。性交渉がきっかけとなる。

 

 

セックス経験あり女性の80%が感染する

 

子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占め、女性のがんでは第1位になっております。


ウイルスによる感染が原因なのですが、約90%の人は免疫力によって体から自然に排除できます。

 


異形成とは

 

子宮頸がんになる前の細胞は、異形成と呼ばれる正常な細胞とは異なった形をしています。


異形成は程度によって「軽度異形成」→「中等度異形成」→「高度異形成」と進行し、異形成の一部は子宮頸がんへ移行します。


高度異形成の20〜30%ががんに進行します。

 

 

この症状が注意

 

・月経以外の出血
・性交時の出血
・おりものの異常(量が増える・変色など)
・排尿が困難

 


子宮頸がん予防ワクチン


予防ワクチンでは、HPV感染のほか、子宮頸がんとその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、腟上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症を防ぐことができます。


予防ワクチンは半年の間に3回受けると大きな効果がありますが、ワクチンでは予防できない高リスク型HPVもあります。


早期発見と、治療のためにワクチン接種とあわせて、定期的な子宮頸がん検診を受けることが重要です。

 

なお、副作用も多く報告されています。
また、法律で定められた「定期接種」となり、対象者は公費の補助を受けられます。

 


子宮頸がんの治療法


・初期のがん:円錐切除術
・浸潤がん:子宮全摘術
・がんの浸潤度が高い時:放射線治療
・がんの進行を抑える時:抗がん剤

 


予防するには2年に1回の検診がベスト


子宮頸がんの進行は遅いため、2年に1回の検診で十分です。
異形成からがんに進行するまで5年~10年かかります。
異形成の段階で発見できれば子宮頸がんになることを防ぐことができます。

 

 

「高度異形成」で給付されるがん保険に入ろう。

 

がん保険の給付金の対象には、悪性ガン、上皮内がん、高度異形成の3パターンがあります。

 

上皮内がんと高度異形成は治療すればなおる病気で、対象にならない保険、給付金額が少ない保険が多いです。

 

高度異形成も支給対象となるがん保険は、かなりレアモノです。
その中でも、悪性ガンの時と同額の給付金がでるがん保険は数社だけです。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

無料購読

 

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!」に関連する記事

上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3486view
返戻率がもっとも高い全額損金保険とは?(2016年5月最新)
各年齢・各年度で返戻率を比較し、最も返戻率の高い保険会社の返戻率をしらべてみました。
OFFICE LIFE | 6452view
全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 4645view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング