全損マックス加入の経営者に朗報。重大疾病という2億の別枠ができました。

本日、重大疾病全損定期保険が発売になりました。 いままで死亡補償の保険金がメインでしたが、給付金が保険金額になる全損保険は奔放初となります。

死亡保障がついていないからこそ、超嬉しい。

 

法人保険ドットコムでは、新商品の発売にあわせてプレミアムメールを配信しております。

 

新商品の情報をきちんとキャッチアップしていない保険マンから契約したくないというのが経営者の心というものです。

 

結論からいうと、この記事を読んだあなたは、いまから既契約者にこの情報を教えてあげた方がいいです。

 

なぜなら、タイトルの通り、全社通算Sとか1社通算Sとかの環境査定にひっかからないからです。

 

「うちは入れるだけ全損商品に入ってるよ」というお客さんに、「別枠2億できました」といって、会いに行くことができます。

 

実際パフォーマンスも悪くありません。

さっそくシミュレーションを叩くといいと思います。

 

 

 環境査定なしで返戻率も非常に高い全損商品が現る!

 

「全損マックス加入の経営者に朗報。重大疾病という2億の別枠ができました。」に関連する記事

全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 9380view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3062view
全損定期のオススメは3社、全損逓増のオススメは2社。
全損定期保険と全損逓増(35歳以下)とでは、リーディングカンパニーが違ってきます。 35歳以下であれば5社を把握しておけば、まず間違いないでしょう。
法人保険ドットコム | 4488view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング