複数の生保加入でまとめて健康診断したいときは、診査センターかHOLで。

複数の生保会社と提携して、加入時の健康診査を委託している民間企業が2社ありました。

HOLは「ヘルスオンライン」。診査センターは「保険の診査センター」

 

まるで、ペプシのように、固有名詞化している会社が2社ありました。

 

ひとつは「HOL」。

ヘルスオンラインの略で、健康オンライン株式会社がやっているサービスです。

 

もうひとつは、「診査センター」。

保険の診査センター株式会社がやっているサービスです。

 

ビジネスモデルはシンプル。

各生命保険会社から、加入時の健康診断(体況診査)を受託しています。

 

ユーザにとってのベネフィットは、一つの診断で各社に診断書を送れるということです。

 

「診査センター」とか「HOL」とか、一般名詞のように使われている保険業界にとっては「常識」になっている存在感です。

 

 

「保険の診査センター」の利用可能な生保会社 

HOLの利用可能な生保会社

「複数の生保加入でまとめて健康診断したいときは、診査センターかHOLで。」に関連する記事

チャットで健康管理、carelyがスタート
企業が従業員の様々な労務情報を一元管理できるサービス「Catchball」を提供してきたヘルスケアスタートアップのiCARE(代表 山田洋太)が新たに企業の健康創出プラットフォームサービスとして開発した「carely」をリリースした。
OFFICE LIFE | 1776view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング