長期定期保険の低解約有りと無しの違いとは?

低解約有りの長期保険とは、一定の期間の返戻率を7割にして、そのかわりに保険料や返戻率のパフォーマンスをあげている長期保険です。

低解約長期保険は、学資保険との比較対象にはいい。

 

まず長期保険の全体像からいきます。

 

1.選び方の基本系は引退想定時でのパフォーマンス比較

2.非喫煙を優遇している生保会社がある

3.払えなかったときを想定して「期間短縮」があるかどうか。

 

 

そして、一見パフォーマンスの高い「低解約あり」を選ぶか否かというところですが、低解約ありを選ぶ時点で、途中解約の返戻金はあてにできないということになります。

 

法人保険の目的のひとつである「緊急事態の資金繰り」の目的は果たせないということです。また「役員の退職金目的」も「やめられない縛り」がモチベーションになるかは疑問なところです。

 

一方で個人の場合、絶対に切り崩さない貯蓄方法、たとえば、学資保険のような積み立て方をするのであれば、それらの商品との比較対象には良い商品です。

 

人生は、子どもの年齢にあわせた資金計画だけではありませんしね。

 

というわけで、同じ長期保険でも目的を変えて、「低解約あり」と「無し」を選び分ければいいということになります。

 

長期定期保険(低解約無)の各社比較

 長期定期保険(低解約有)の各社比較

期間短縮と期間延長が自由自在な長期保険は?

「長期定期保険の低解約有りと無しの違いとは?」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 15647view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 9800view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 8653view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング