予定率が史上最低水準だから人は「変額保険」に走る。

変額保険は、自分でポートフォリオを選んで返戻金のパフォーマンスをあげたい人向けの保険商品です。

死んだら回収できるんだから。

 

変額終身保険というと、「死んだら回収できる投資信託」という意味合いで、ハイリスク・ハイリターンを求めるような雰囲気があります。

 

この死亡保障というのはすごく大事な概念で、最近では従業員の退職金プランに「変額養老保険」が好まれているようです。

 

確定拠出年金だと、お金は従業員のものになり、しかもその大半が定期預金の塩漬け状態になっている。

 

であれば、「企業側が自社のお金として運用した方がいいんじゃない」という考え方です。

 

企業給付年金のような予定利率にはしばられませんし、これは理にかなっているといえます。

 

そして、死亡退職金という制度もできちゃうというわけです。

 

変額保険商品を取り扱う生命保険会社とは?

確定拠出年金(401K)よりもキャッシュ・フローが良いハーフタックスとは?

「予定率が史上最低水準だから人は「変額保険」に走る。」に関連する記事

ドルコスト平均法とリバランスを合体したのがバリュー平均法
バリュー投資法は、株価下落の際は「追加の投資」で数量を増やし、逆に株価上昇の際には「目標を上回る分を売却」で利益確定をするという運用方法です。
OFFICE LIFE | 6675view
介護医療控除枠で節税しながら貯蓄ができる生命保険とは?
介護医療保険料控除」という税制優遇では、8万円以上の医療保険・がん保険・介護保険の保険料支払いで、所得税最高4万円、個人住民税最高2.8万円の控除をすることができます。
法人保険ドットコム | 8399view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 11958view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング