個人保険はイメージで。法人保険は数字で。

個人の生命保険は「イメージ」で選ぶものです。 それに対して、法人名義の生命保険は「解約返戻率」で選ぶものです。

法人が一般人が知らない名前の生命保険会社を選ぶ理由。

 

 

個人の生命保険と法人の保険は違います。


「法人で契約すれば法人保険だろ」というのは、そのとおりです。


しかし、加入のスタンスが違います。


まず、個人の生命保険は「イメージ」で選ぶものです。


テレビCMで流れて感じるイメージで選ばれているのが事実です。
あるいは、保険のおばちゃんの粘着力で選ばれているのかもしれません。
信頼、それはイメージでしかありません。

 

 

それに対して、法人名義の生命保険は「解約返戻率」で選ぶものです。

 


企業はお金を守る立場にあります。


数字がいいものを選ぶにきまってます。
だから、一般の人が知らない名前の生命保険会社を選んでいるのです。

 

一部の経営者は税理士に勧められるまま特定の生保会社に加入してしまっているようですが、それはもっともナンセンスな話です。

 

数字比較ができないデメリットのうえ、生保の直販部隊では1社の商品しか買えないのが最大のデメリットです。

 

 

そして、個人保険と法人保険の決定的な違いは、保険金額です。

 

お金を守る金額のケタが違います。

 

 

一社で入れる保険金額(死亡保障の金額)には限度があります。
各商品に限度額があり、会社の売上規模でも限度額があります。

 

 

たくさんのお金を守るには、たくさんの保険料が必要です。


だから、数字のいい保険会社の枠がマックスになると、その次の保険会社を探さなければなりません。

 


こうやって、何社も何社もまわって、保険をかけていくわけです。

 

保険会社をまわるにはコミュニケーションコストがかかりますから、複数の生保会社を扱う乗合代理店に任せます。

 


取り扱い会社が少ない代理店を選ぶと、また他の代理店を探さなければなりません。

だから直販部隊とやりあうのは時間的コストの面からもナンセンスなのです。

 


そして、彼らに設計書をつくらせて、一番いい商品の満額から加入していきます。

 

法人保険ドットコムプレミアムでは、商品の満額の比較もできます。 


一番いい数字の商品を探して、満額を狙っていきましょう。

 

 

世界一わかりやすい法人保険のマスター講座


経営者のための法人保険セカンドオピニオンツール

 


法人保険ドットコム
http://hojinhoken.com

 

「個人保険はイメージで。法人保険は数字で。」に関連する記事

超激アツ、逓増定期保険の名義変更を知らずして保険を語るなかれ
法人契約の生命保険を個人に名義変更するには、誰しも納得出来るような理由がなければなりません。「法人税を節税するため」とか「役員報酬で貰うよりも税金負担が少ないため」という理由で契約者を変更することは、納税を逃れるために行ったと見なされて、税務署から指摘をされて余計な納税(過小申告加算税・延滞税など)が発生するリスクがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2903view
【超ウルトラクイズ】生命保険会社の特徴から生保会社を特定せよ。
生保関連業者の方でこれに答えられなかったら、モグリと言わせていただきます。
法人保険ドットコム | 1883view
2016年に施行される改正保険業法とはいったい?
2016年5月29日に改正保険業法が施行されます。 これまでの保険営業の方法を大きく変える可能性のある大改正といわれています。 顧客の意向や事情を無視した営業、代理店の利益のための営業が問題視され、「推奨理由の開示」と「比較説明義務」が盛り込まれました。
OFFICE LIFE | 2607view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング