法人保険が「節税」なのではない。生保会社が一番儲けているのだから。

生保会社とあなたの会社のWIN-WIN関係の築き方をご指南いたします。

国税局、生保会社、あなたの会社で勝敗図を作ってみよう。

 

 

法人保険は、ざっくりいうと、法人名義で経営者や従業員に生命保険をかけるというものです。

 


「法人保険」というと「節税」というイメージがありますが、「節税」になるにはある条件が揃ってないとダメです。

 

 

それは、ざっくりいうと、

 

1.保険料を払っている年は黒字を出し続け
2.保険を解約する年は赤字になる

 

ということです。

 


では、実例に入ります。


ある逓増定期保険を4年間、1000万円ずつ支払います。
税引き前利益を毎年1000万円以上出していることが前提です。


保険料の半分が損金扱いになりました。
とすると、毎年150万円が節税になり、600万円を貯蓄することができました。
(実効税率を30%にしています。)

 


そこで問題がおこります。
解約返戻率が90%でピークだった5年目も黒字の見込です。

 

総支払額は4000万円で解約返戻金は3600万円。
返戻金は半分を利益計上しなくてはなりません。
1800万円×30%=540万円を国税にもっていかれました。涙

 

結局、あなたの会社は400万円の出費をして、60万円が戻ってきたということになります。

 


一番儲けたのは生保会社です。

 


【各プレイヤーの勝敗図】
生命保険会社:400万円の儲け。
あなたの会社:340万円の出費
国税局:60万円のとりっぱぐれ

 

 

どうでしょうか。これが節税といえるのでしょうか。
このスキームは、生保会社を肥やさせるための「国策」とさえ思います。

 


ここで賢い経営者は、5年目に1800万円の赤字になるようなイベントをします。
すると国税には1円たりとも払わなくてすみます。

 


【各プレイヤーの勝敗図】
生命保険会社:400万円の儲け。
あなたの会社:600万円の儲け。
国税局:600万円のとりっぱぐれ

 


こうなると、生保会社とあなたの会社のWIN-WINになります。

 


これは机上の空論にすぎません。


この空論を現実のものにするには、きちんと黒字を出し続け、解約するときに多額の出費をしなくてはなりません。


だからきちんとした利益計画と出費計画が必要になってきます。

 


なお「法人保険ドットコム」の解約返戻シミュレーションでは、各生保会社の年度別の解約返戻率が比較できます。

 

 

 


まずは、あなたの入っている法人保険と比較してみましょう。
もしかしたら、もっと良い条件の商品があったかもしれません。

 


生保会社や代理店の言いなりになって加入しているうちは、優れた経営者とはいえません。


さあ、ご自分の目で確かめてみましょう。

 


法人保険ドットコム

http://hojinhoken.com

 


最後に重要なことを伝え忘れました。

 

 

「国税は負け組なのか?」

 


いやいや、国税局は生保会社からきちんと税金をとればいいから、奴らはいつでも勝ち組です。
日本が転覆しないように彼らには頑張ってもらいたいですね。

 


では、誰が負け組なのか?


今回の一連のプロセスで一番損をしたのは、あなたの会社の無駄遣い先です。
広告代理店かもしれませんし、キャバクラなのかもしれません。

 


1円でも無駄な出費をしないことが、企業経営の要諦です。

 

 

世界一わかりやすい法人保険のマスター講座

 

 

 

経営者のための法人保険セカンドオピニオンツール

 

法人保険ドットコム

「法人保険が「節税」なのではない。生保会社が一番儲けているのだから。」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 6948view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5131view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 5485view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング