法人保険とは、経営者と従業員に効率よくモチベーションを与えられる手法である。

法人保険の機能は「税負担の軽減」という平たい表現では言い尽せません。会社のキャッシュを最大化することが目的ではあるのですが、どんな機能や用途があるのか見ていきましょう。

「万が一の時の保障」と「節税」だけではない。

 

経営者向けと従業員向けで違う

 

【経営者保険の目的】 

・退職金を効率よく積み立てる(資産形成)
・税金の繰り延べ、赤字の阻止(決算対策)
・突発的な経営危機に備える(解約返戻金)
・経営者の万が一に備える(事業承継・相続)
・機動的にお金を借りられる(貸付制度)

 


【福利厚生保険の目的】

・従業員の退職金制度
・従業員の在職中の保障

 

 

キャッシュを守る機能と増やす機能という考え方

 

【キャッシュを守る機能】
・経営者に何かあった時に会社を守ってくれる。
・保険料として積み立てておいたキャッシュが会社を救ってくれる。
・税負担を抑えることができる


【キャッシュを増やす機能】

・必要な資金をより多く準備することができる
・まとまった額のお金を借りることができる
・福利厚生の制度を効率よく充実させることができる

 

 

まとめ

 

経営者は自分が死んだ時のことなんか考えないものです。
「節税するよりも売上あげるのが先だろ」という経営者も多いでしょう。

これらの視点で法人保険を語られると魅力のないものになってしまいます。

 


もしあなたが「法人保険ってどんなものなの?」と聞かれたら、こう答えましょう。

 

「経営者と従業員に対して、効率的にモチベーションを与えられる手法だよ」と。

 

さらに、キャッシュを守る機能とキャッシュを殖やす機能について語れるようになったらバッチリです。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断   

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「法人保険とは、経営者と従業員に効率よくモチベーションを与えられる手法である。」に関連する記事

ビジネスの局面を切り抜ぬけるための、ゴッドファーザーの名言をまとめました。
映画ゴッドファーザーは、とあるマフィア組織の合法化を進める健全な経営の難しさと、ビジネスと家庭の両立の難しさを表現した映画で、特にビジネスマンに絶大な人気を誇りました。
OFFICE LIFE | 25356view
役員は絶対どこかで逃げる。「創業株主間契約書」と「役員委任契約書」は忘れずに。
日本の夫婦の3分の1が離婚しているという統計があるみたいですが、それをおんなじ感覚で、経営ボードメンバーを見ると痛い目にあいます。実際は、ほとんどの役員はやめてしまいます。
OFFICE LIFE | 21134view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 14130view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング