auが生命保険や住宅ローンをやるってホント?

固定通信、決済、電力などに事業領域を拡大している携帯電話キャリア。KDDIは、生命保険や住宅ローンを発表しました。

「おサイフケータイ」だけじゃない。金融分野への進出。

 

auの生命ほけん、auの損保ほけん、auのローン

 

auは独自ブランドで販売。実際にサービスを提供するのは出資先の企業。

auは各店舗で「代理店」として販売し、決済は「au WALLET」が担う。

また、保険やローンでは、電話窓口を設け、KDDIの有資格者が商品の相談に対応する。

 

 

・auの生命ほけん:ライフネット生命

生命保険サービスの加入でインターネット経由は2.2%。

対するNTTドコモは、昨年10月に日本生命保険と事業提携、今年の夏頃よりドコモショップで生命保険の代理店業務を実施する予定。

 

 

・auの損保ほけん:au損保

2010年設立、KDDIとあいおいニッセイ同和損保の合弁会社の損害保険。

NTTドコモは「ドコモの保険」、ソフトバンクモバイルは「ソフトバンクかんたん保険」を展開。

短期契約・少額補償の旅行保険や自転車利用者向けの傷害保険など。

 

 

・auのローン:じぶん銀行

2008年に東京三菱UFJ銀行と共同でじぶん銀行を設立。

「変動金利全期間引き下げプラン」で金利が年0.568%。

契約審査に必要な書類提出はカメラで撮影、申込もスマホで完結できる。

 

 

スマホ契約とセット割引も!

 

既に「auでんき」では「au WALLET」を活用した割引施策がはじまっているが、金融商品のため、省庁との調整が必要だという。

 

ナンバーポータビリティー、MVNO、SIMロック解除義務化などで、キャリア間の競争が激化するなか、他のサービスを絡めることで長期契約に結び付けたいという通信キャリアの思惑がある。

 

今後は生活関連サービスの多くが、キャリアの中に取り込まれていく可能性が高い。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「auが生命保険や住宅ローンをやるってホント?」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 15892view
生命保険の市場規模、業界変遷などをまとめてみました。
日本の生命保険業界の市場規模は、約40兆円(年間の生命保険料ベース)となっており、米国に次いで世界第2位の規模です。 日本は、生命保険の「世帯加入率」は90.5%の「保険大国」なのです。なお支払金は年30兆円。事業費は4兆円。
OFFICE LIFE | 10394view
退職金制度を作る方法と積み立て方法
退職金制度を作るにはまず退職金規定を設けなければなりません。また退職金の積み立て方法は、公的年金と、内部留保と、生命保険があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3072view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング