「経営者と給与所得者の違い」で選ぶ生命保険の三か条

経営者の多くがサラリーマン時代の保険をそのまま継続しています。 ここに最初の生命保険に関する見直しポイントがあります。

サラリーマンと同じノリで生命保険を考えると痛い目に会う。

 

生命保険の観点から見た経営者と給与所得者の違いとは


1.定年退職という概念がない
2.保険料を損金で落とせる、という選択肢を持つことができる
3.死亡保障は、法人と個人の両方に必要

 

 

定年退職のない経営者には、収入保障保険や養老保険よりも終身保険。

 

収入保障保険や養老保険は、保障にいつか終わりがきますので、終身保険を1つはとっておくべきです。

 

なお、生命保険には「変換権」という機能がついていて、収入保障保険は好きなタイミングで終身保険に変換できます。

 

※)「収入保障保険」とは、死亡または高度障害になった場合において、残された家族の生活費用を補う保険のこと。それに対し、「所得補償保険」は病気やケガで仕事ができなくなった場合の収入減を補う保険。


また終身保険は加入目的が資産形成、相続対策、死亡保障のどれであっても使い勝手が良い保険といわれております。


世の中には米ドル建終身保険や変額終身保険もあり、終身保険だけでも通貨や払込期間を変えて何種類か組み合わせパターンを作るという方法もあります。

 

 

医療保障やガン保障の保険料を個人ではなく、法人損金で負担できる

 

経営者には損金の概念があります。

法人契約で加入した掛け捨ての医療保険やガン保険は全額損金で落とすことができますが、給付金の受取人は原則法人となります。

 

一方、個人で医療保険やガン保険の保険料を支払うとき、役員報酬から所得税などを引いた可処分所得から保険料を負担しなければなりません。

 

そこで、「医療保険やガン保険の払込期間を10年と短く設定して、法人で全保険料を払い終わったら、個人に無償で譲渡する」という手法が近年流行り始めました。

 

こうすると、個人としての保険料負担は0円で、医療保障やガン保障を得ることができるからです。

 

 

死亡保障を、法人と個人の両面で考える


人間いつかは必ず亡くなるわけですが、そのときに法人経営者であれば、ご遺族に法人から死亡退職金を支払うことができます。

 

また、相続税の観点からも、死亡保険金の非課税枠は個人と法人でそれぞれ枠が取れます。


個人とは別で、法人という箱を持っていることによるメリットは大きいといえます。

 

また、経営者が必要死亡保険金額を考えるとき、法人負債で個人連帯保証している債務が遺族にふりかかってこないような死亡保障金額の設定が必要です。


個人としての遺族生活資金は十分に賄えるだろう、という保険加入で安心していると、多額の法人借金が遺族にのしかかり、相続放棄せざるを得なくなった、、、というようなケースに陥らないよう、死亡保障は手厚く設定しておく必要があります。

 

 

「こまめに見直す」ことも重要


サラリーマンであれば、家族の生活費が去年と比べて10倍になったということは考えにくいですが、会社が去年まで個人連帯保証付きで3000万円借金していたけれど、今年は設備投資で3億円新たに借り入れたということはよくあります。


そのときに死亡保障を上積みすることなく、万が一のことがあったら。。。

3億円の借金がご遺族の負担となります。


新しい事業を始めるときは、保障額を見直すこととセットにすることで、個人にとってのリスクヘッジにもなります。

 


まとめ


経営者には定年退職はなく、法人の債務には連帯保証人が設定されます。
したがって給与所得者が考えるような生命保険のレベルでは、残された家族が露頭に迷うことになります。


しかしながら、法人損金で生命保険料を賄うことができることなど、個人とは別で、法人という箱を持っていることによるメリットは大きいといえます。

 

せっかく、その箱をもっていながら、無策でいるのは非常にもったいないのです。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「「経営者と給与所得者の違い」で選ぶ生命保険の三か条」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 80247view
子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。 子宮頸がんの原因はHPVウィルスです。子宮頸がんになる前の病状を「異形成」とよびます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 19805view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9493view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング