相続対策

経営者も1人の個人としてご家族への相続対策の準備は早期から行っておく方が賢明です。生命保険の死亡保険金を相続対策に活かすためのポイントを解説しています。

「相続対策」に関するキーワード

» 相続対策に関するキーワード一覧

「相続対策」に関する記事一覧

12件中 1件 - 12件
保障の最長期間は90歳に。掛け捨ての生命保険「無解約返戻金定期保険」の選び方。
無解約返戻金定期保険は高年齢者の相続対策の最終兵器として人気があります。
法人保険ドットコム | 376view
相続対策に、変換時に証券分割。
相続時の生命保険の死亡保険金は、法定相続人ごとに500万円の非課税枠がありますから、非課税枠分だけ保険契約を複数に分割するという相続対策の必殺技です。
法人保険ドットコム | 168view
意外と忘れている死亡退職金規定。後付でも間に合います。
ここでは、500万円×法定相続人の数=非課税限度額と、死亡退職金規定をつくるということを覚えておきましょう。
法人保険ドットコム | 218view
生命保険と相続税対策「変額終身保険」
不動産でも生命保険でも、共通する相続税対策の基本的な考え方は、「実際の資産価値よりも、相続税評価額を減らす」ことに尽きます。
YOU-U株式会社 | 511view
実はレバレッジがめちゃいい無解約返戻金型定期保険
無解約返戻金型定期保険とは、その名のとおり、解約返戻金のない定期保険です。つまり保険料が割安で完全掛け捨てということが特徴になります。
OFFICE LIFE | 2012view
保険つきの投資信託なんかない。でも変額保険にはある。
変額保険は運用によって将来受取れる金額が変わってきます。保険料の一部が特別勘定とよばれるファンドにおいて株や債券などで運用され、その運用実績によって保険金や解約返戻金の金額が増減します。ただし、運用がうまくいかなくても死亡保険金は下がりません。
OFFICE LIFE | 2030view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1554view
生命保険を活用しない相続対策はあり得ない。
相続税増税のニュースが一時期多く報道され、事実として相続税は増税傾向です。 相続対策というと節税をイメージされる方も多いかもしれませんが、まず、「争族」とならないよう、「適切に遺産を分割できるか?」ということが優先です。その次に、相続税は現金納付が原則ですので、「きちんと納税できるか?」なのです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 795view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2185view
自社株買い取り、それとも二代目に世襲。株式の相続対策は気をつけて。
二代目社長の悩みはズバリ「自社株を相続した際の相続税」です。自社株式の評価法は「配当金額」「利益金額」「純資産額」で類似業種を比較するほか、「創業してからの毎年の経常利益の合計+資本金」という算出方法があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 683view
「経営者と給与所得者の違い」で選ぶ生命保険の三か条
経営者の多くがサラリーマン時代の保険をそのまま継続しています。 ここに最初の生命保険に関する見直しポイントがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1322view
経営者ならしっておくべき団体信用生命保険。
信用保証協会付融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入しておけば、経営者に万が一のこと発生した場合には借金はチャラになっても、おりてくる保険金には課税されます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1364view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング