特殊養老保険ニーズに垣間見えるライフスタイルの変化

「特殊養老保険」は、逓増定期保険のしくみを養老保険に組み込んだ保険商品です。保険期間中に死亡・高度障害状態になった場合は、死亡保険金または高度障害保険金が支払われる。無事に満期となった場合は、基本保険金額の2倍の満期保険金が支払われます。

無駄な保障を削れば保険料も適正になる。

 

後半は死亡保険金=解約返戻金になる

 

法人の弔慰金・退職金においては「養老保険」が一般的ですが、保険金額が一定なために、死亡保険金額と解約返戻金の金額ギャップがうまれておりました。

 

【養老保険のしくみ】

 


そこで、考えだされたのが、前半は養老保険の特性で、後半は逓増保険の特性を持たせるという手法です。

 

無駄な部分がスリム化することにより、保険料もスリムになるという発想です。

 


【特殊養老保険のしくみ】


前半は、総支払額に対して、死亡保障金が大きくなっています。
後半からは総支払額と、解約返戻金、死亡保険金が、ほぼイコールになります。

 

前半は死ぬリスクへの保障、後半は生き残るリスクへの保障とも見えます。

 

 

特殊養老保険の特長

 

・貯蓄と保障が両方うけられる保険とされる
・保険期間の後半から保険金額が逓増する
・保険期間を延長することができる

 

 

まとめ

 

「養老保険と特殊養老保険のどちらがお得なのか」という点に悩むかもしれません。


しかし保険の本質は、リスクに対するリターンがきちんと計算された金融商品ですので、どちらがお得ということはありません。

 

では、なぜこのような商品が生まれたのか。
それは、人々のライフスタイルが変わったからです。

 

逆に言えば、これがいまのニーズの統計データなのだと見ることができます。

 


若いうちの死亡保険は従来の半分で十分だし、後半は退職金と同額でいいという考え方ですね。


夫婦共働きが当たり前になってくると、これは十分に理解できます。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断 

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「特殊養老保険ニーズに垣間見えるライフスタイルの変化」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 27451view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9010view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 18322view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング