経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド

養老保険の法人契約は、「被保険者」「死亡保険金受取人」「満期保険金受取人」の設定によって支払い保険料の経理処理が複雑に変化します。「死亡保険金受取人=被保険者の遺族」「満期受取人=法人」とするハーフタックスプランにおいては支払保険料の半分を損金計上出来る要件を満たしておく必要があり、「死亡保険金受取人=法人」「満期受取人=被保険者」とする逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランについては、税務上のルールが明確にされていないので、将来的に取扱方法が変わる可能性があります。

役員に保険をかけて、受け取り人を法人にすれば、全額資産計上できる。

 

養老保険とは

 

養老保険とは、保険契約が終わっても、被保険者(保険の対象者)が亡くなってもあらかじめ定めた保険金を受け取る事が出来る生命保険商品のことです。

 

保険期間が終わる満期時に受け取る事が出来る保険金は、払い込んだ保険料総額に近い金額が支払われるために、金利が高かった昔は貯蓄目的として活用されます。

 

この養老保険を法人名義で契約する際に、「死亡保険金」と「満期保険金」、それぞれについて「保険金受取人」をどのように設定するかで支払保険料の経理処理が異なりますので注意が必要です。

 

 

満期保険金受取人を法人に設定した場合

 

まず、貯蓄性を考えて満期保険受取人を法人に設定した場合を考えます。

 

1.「役員」に保険をかけて、死亡保険金受取人を「法人」にした場合

支払保険料の経理処理は、「全額資産計上」となります。

 

メリット:法人で資金積立を行いながら支払保険料が掛捨てにならない

デメリット:支払保険料は法人税等の納税後に内部留保した資金にて支払う

 

2.「全員を対象とした社員」に保険をかけて、死亡保険金受取人を「彼らの親族」にした場合

 

支払保険料の経理処理は、「1/2資産計上」「1/2支払保険料計上」となります。

福利厚生制度として保障を充実させることが出来るのと同時に、保険による積立ができます。ハーフタックスプランと呼ばれています。

 

メリット:支払保険料の半分を損金計上出来るために、税負担が減少

デメリット:対象者から署名・捺印、健康状態に関する診査

 

3.「一部の社員」に保険をかけて、死亡保険金受取人を「彼らの親族」にした場合

支払保険料の経理処理は、「1/2資産計上」「1/2給与計上」となります。

 

メリット:企業は法人税負担が減少する

デメリット:従業員は所得税・住民税の負担が増える

 

 

死亡保険金受取人を「親族」、満期保険金受取人を「社員」にした場合

 

会社のお金で「社員」に保険をかけて「社員と親族」が利益享受をうけるわけですから、実質給与と同じです。したがって「全額給与計上」となります。

 

法人としては給与を多くだした分、損金計上も増えるという考え方になります。

当然、社会保険料も増えます。

 

 

死亡保険金受取人を「法人」、満期保険金受取人を「社員」にした場合

 

いわゆる逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランと呼ばれているスキームで法人税の軽減効果が大きいプランと言われています。

 

 

養老保険の逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランとは

 

「死亡保険受取人=法人」「満期保険金受取人=個人」とするプランです。

 

法人が負担したこのスキームの保険料については、税務上の明確なルールは存在していません。

 

ただ払込保険料の1/2を「支払保険料」として損金計上し、残り1/2を満期保険金受取人の負担として処理をするとされています。

 

この満期保険金受取人の負担分については、「満期保険金受取人に対する給与・貸付金・借入金の返済」のいずれかで処理をすることになります。

 

メリット:企業は保険料を半分を損金計上、満期保険金受取人に対しては半分が課税対象に

デメリット:明確な税務ルールが存在していない

 

法人で契約する多くの生命保険は、保険料支払時には損金に計上することで税額を減らす効果がありますが、解約時には益金課税されるために「課税の繰り延べ」でしかありません。

 

ところが本プランを使えば、法人においては満期時・解約時に益金課税がされないだけでなく、個人においては税負担を軽減して満期金・解約金を受け取ることが出来るのです。

 

 

まとめ

 

法人において多く活用されている養老保険の活用法は、ハーフタックスプランとパターンと逆ハーフタックスプランです。

 

福利厚生の充実を目的としている「ハーフタックスプラン」は、従業員に死亡保障を付ける「福利厚生」の目的と、支払保険料の半分を損金にする「課税の繰延効果」を狙って活用されています。

また、積み立てられた資金は社員の退職金に充当する目的にも活用できます。

 

 

逆ハーフタックスプランは、経営者が自分の会社に貸付をおこなって資金繰りしている時に特に有効なプランです。

 

支払保険料の1/2を経営者からの借入金返済に充当して返済するということができます。もし、経営者に万が一の事が発生した場合には、死亡保険金は法人に入りますので、それを減資に経営者からの借入金をご遺族に返済することが可能になります。

 

また、役員報酬を引き上げてしまうと、所得税負担が大きくなってしまう方にも有効です。逆ハーフタックスプランを活用して効率的に個人へ資金移転を行う事が出来ます。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。
 
  

購読無料

 

あなたにピッタリな法人保険診断

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが自社にピッタリが診断いたします。


診断フォームはこちら

 

従業員の退職金は養老保険がベスト

 

お問い合わせページでは、「ハーフタックスプラン」といわれる従業員の退職金積立プランについて解説しております。興味ある方はぜひ御覧ください。

「経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド」に関連する記事

従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10782view
金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 14475view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 11507view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング