決算対策

決算月に節税目的で生命保険を活用されている企業経営者の方、検討されている経営者の方にとって有益な情報、生命保険の比較ポイントについて解説しています。

「決算対策」に関するキーワード

» 決算対策に関するキーワード一覧

「決算対策」に関する記事一覧

10件中 1件 - 10件
全損定期のオススメは3社、全損逓増のオススメは2社。
全損定期保険と全損逓増(35歳以下)とでは、リーディングカンパニーが違ってきます。 35歳以下であれば5社を把握しておけば、まず間違いないでしょう。
法人保険ドットコム | 1415view
解約返戻金を受け取ってさらに税金をとられるおバカな経営者がいた。それもたくさん。
読者から「いったい30%の法人税が、どれくらい圧縮されるのかを知りたい」という声を多数いただきました。
法人保険ドットコム | 1314view
逓増定期保険。経理処理の3つのポイント
逓増定期保険で税務上のメリットを得るためには3つのポイントがあります。 年齢、期間、損金と資産の割合、についてしっかり抑えましょう。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 947view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1169view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1926view
経営者なら知っておくべき損金不算入。
法人税の算出に使われる課税所得は、税法上は「益金」から「損金」を差し引いたものです。 ここで出てくるのが、通常の売上利益に対して足したり引いたりする「損金算入」「損金不算入」「益金算入」「益金不算入」という用語になります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 881view
経営者なら知っておくべき逓増定期保険の魅力
逓増定期保険は、死亡・高度障害保険金が加入時の最大5倍にまで逓増していく生命保険です。保険期間経過に応じて保険金額が増えても支払保険料額に変動はありません。そのために途中で解約した場合には多くの返戻金があるのが特徴です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1106view
保険設計書の実質返戻率に騙されるな。
法人の生命保険設計書に必ず記載のある「実質返戻率」。こればっかりを強調する保険営業マンには要注意です。ついつい数字の良いほうに目が言ってしまいガチですが、本当に重要なのは解約返戻率なのです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1334view
最強の税金対策ツール。全額損金できる「経営セーフティー共済」とは?
経営セーフティー共済は、取引先の売掛金が回収出来ない場合における緊急的な資金繰り対策としてだけでなく、掛金の全額を経費に計上出来るというメリットが得られます。さらに40ヶ月以上経過していれば、途中解約時には全額が戻ってきます。また、法人だけでなく個人事業主も活用ができます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 610view
経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド
養老保険の法人契約は、「被保険者」「死亡保険金受取人」「満期保険金受取人」の設定によって支払い保険料の経理処理が複雑に変化します。「死亡保険金受取人=被保険者の遺族」「満期受取人=法人」とするハーフタックスプランにおいては支払保険料の半分を損金計上出来る要件を満たしておく必要があり、「死亡保険金受取人=法人」「満期受取人=被保険者」とする逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランについては、税務上のルールが明確にされていないので、将来的に取扱方法が変わる可能性があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1890view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング