資金繰り改善

法人保険を活用した資金繰り改善について解説していきます。キャッシュフローが悪化したときは既契約生命保険の見直し、契約者貸付の活用、払い済み保険への変更など、様々な手法がありますので、ご案内します。

「資金繰り改善」に関するキーワード

» 資金繰り改善に関するキーワード一覧

「資金繰り改善」に関する記事一覧

10件中 1件 - 10件
保険会社が自動で保険料を立て替えてくれる自動振替貸付制度(APL)とは。
保険料が支払えない場合に、保険会社が保険料を立て替えてくれる制度がAPLです。
法人保険ドットコム | 547view
返戻金を担保に銀行融資ができる制度が保険料ローン(Pローン)
保険料ローン(Pローン)は保険料支払い専用の融資を受ける方法で、保険の解約返戻金に対して質権(担保)を設定、質権を設定した金額の範囲内で金融機関から融資を受け、保険料の支払いに充てることができます。
法人保険ドットコム | 1045view
長期保険は期間短縮と期間延長を自由自在に。
「将来払えなくなったらどうしよう?」という不安があったときに「期間短縮」があれば、強気に行くことができます。そこでもう一つ考慮に入れたいのが、そこからの「期間延長」です。「途中で払えるようになったらどうしよう?」という時に初志に戻ることができるオプションです。
法人保険ドットコム | 1347view
期間短縮は、死亡保険金額には変動なし。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 570view
【法人保険の払済】そう簡単には失効しないと心得よ
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 896view
打つ手がないときに備える法人保険の契約者貸付制度。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 553view
【法人保険の減額】会社にキャッシュが足りない時、あるいは勇退を先延ばしするときの技と心得よ。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 472view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 8015view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1504view
創業期の経営者は変換権を活用しよう。
創業期の保険のポイントは「借入金と同程度の保障」と「固定費を増やさないように安い掛け捨て」があげられます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 547view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング