逓増定期保険。低解約有りと無しの違い。そして失効というワザ。高齢者に人気な理由。

世の中にたくさんある逓増定期保険。どうやって選んだらいいのか、解説していきます。

高齢者でもわりと返戻率の高いのが出てきている。

 

保障よりも資金繰り面で利便性の高い逓増定期保険ですが、逆にたくさんの商品がでまわっているので、目的をアバウトにしていると、投資対効果が悪くなります。

 

まずは全体像からいきます。

 

1.全損定期に比べ、1/2逓増定期保険は高齢者にも高い返戻率が設定されている商品が多いです。

 

2.低解約有の逓増定期保険は、初期の解約リスクを伴う分、MAX返戻率が高めになっています。

 

3.加入期間が長いとMAX返戻率が高めになる傾向があります。

 

上記により、MAX返戻率だけで見ると出口の目的がぶれてきますので、まずは低解約有り無しを問わずに、「出口年度の返戻率」と「年間保険料」を見て比較するのが良いでしょう。

 

次に、経営者の皆さんがお好きな「逓増名変」ですが、基本系は「低解約最後の年度の返戻率と、翌年返戻率が立ち上がった年度の返戻率の差が最も大きい」ところを見ていきます。

 

個人で支払うコストが少なくリターンが多いという「個人にとっての投資効果」と「法人・個人のトータル」での「節税効果」の両方の視点も重要です。

 

最後に逓増定期保険で重要なのは、有効な失効期間です。

これによって、ピーク年をずらすことが可能です。

 

これらをふまえて、各社比較をしてみましょう。

 

逓増定期保険(低解約無)の各社比較

逓増定期保険(低解約有)の各社比較

逓増定期保険復活可能期間の各社スタンス

逓増定期の加入可能な年齢上限比較

 

逓増定期名義変更プランでもっとも投資効果の高いところは?

 

 

「逓増定期保険。低解約有りと無しの違い。そして失効というワザ。高齢者に人気な理由。」に関連する記事

金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 10120view
全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 4645view
【完全なる節税】「全額損金タイプ」の退職金という裏ワザもある!
「1/2損金タイプ」の長期平準定期保険・逓増定期保険に比べるとややマイナーな保険ですが、経営者の退職金の積立に活用されている全損保険があります。
OFFICE LIFE | 4119view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング