経営者、勤務医、外資証券マン、、、高額所得者に贈る「生命保険資産運用ベストプラン」

高額所得で税金に悩まれている方には、保険での資産運用をオススメさせて頂きます。

高額所得者が生命保険で徹底的に資産運用としてのリターンを得るためには?

 

YOU-U津崎です。


今回は、高額所得者が生命保険で徹底的に資産運用としてのリターンを得るためには?


というテーマで、僕のオススメのベストプランをご紹介したいと思います。


前提条件となる高額所得者の定義は、このように仮定します。

 

・経営者。役員報酬1200万円〜上限無し。ちなみに僕のお客様で最高額の方は役員報酬3億6000万円です(笑)

・勤務医。給与所得1200万円〜2400万円くらい

・外資証券マン。給与所得1500万円〜1億円くらいでしょうか

 


リスク許容度は、どの仮想顧客も高いものとします。
そして、この3職種に共通することはもう一つ。

 


それは、

「とても忙しい」

ということです。

 


株式や投資信託を自分で選別している時間はないでしょう。
特に外資証券マンですと、インサイダー規制の関係で個別銘柄に自由に投資することもできないと思います。


なので、ある程度放置できる生命保険や不動産での資産運用が非常に向いている職業だとも言えますね。


それでは、始めていきましょう。

 


1.生命保険料控除枠は3枠とも綺麗に使いきろう


日本で年収が高いということはそれだけ税金も多額に取られてしまうことと同義です。
課税所得から除外してくれる生命保険料控除枠は、少額とはいえとてもありがたいものですね。


3枠それぞれで年間保険料8万円以上加入していれば、所得税分12万円、住民税分7万円を課税対象から外すことができますが、
僕もいまだかつて、この3枠を完璧に使い切れている人に出会ったことがありません(笑)


これはなぜかと言いますと、保険会社1社からしか保険加入していない場合は、この枠を使い切ることはほぼ不可能だからです。
各保険会社ごとに強みと弱みがありますので、この枠を投資効果が最も高い加入パターンで複数の保険会社を組み合わせて加入しましょう。


たかだか年間12万円の控除と思うなかれ。
所得税の最高税率は46%ですから、
12万円×0.46=55200円


そして、住民税は10%ですから、
7万円×0.1=7000円


合わせて毎年62000円が還付されます。
ぜひ活用して下さいね。

 


2.変額保険でハイリターンを狙え!


変額保険とは、一言で言えば、「中身が投資信託の生命保険」だとお考え下さい。
そして外資証券マンの方には朗報ですが、この変額保険はインサイダー規制の対象外ですので、自由に加入できます。


投資信託との違いは、中身のポートフォリオ変更時に課税されないというメリットがあります。
15年以上の中長期の運用に向いています。


若いと月額保険料10万円くらいまで告知のみで加入できることも、利便性が高いところですね。


変額保険を扱っている保険会社が少ないことが唯一の難点ですが、、、

 


3.一時払変額終身で、節税する

 

A社で2015年から発売された一時払変額終身保険。
個人的にとても良い保険商品だなと思います。


最低保険料200万円で、保険料は一括で支払います。


外貨で運用して、目標値に到達したら解約し、また加入し直すという繰り返しです。
目標値は、「元本の105%」のように自由に決めることができます。


なぜこの保険が資産運用に向いているのか?と言いますと、


解約したときの課税が「一時所得」だからです。

一時所得とは、得た利益から年間50万円までの特別控除枠を引いて、さらにその1/2を非課税にしてくれます。

この特別控除50万円で、50万円の非課税収益を取っていくことを推奨します。


たとえば、この保険に保険料1000万円で加入し、目標値を105%に設定したとしましょう。

 

平均して3年弱で105%に到達しますので、


3年後に1050万円になってこの保険を解約すると、、、


増えた50万円は非課税でそのまま受け取れるということになるのです。
給与所得で50万円を受け取ると、最高で56%税金で持っていかれてしまいますよね。

 

一時所得の枠は、ぜひ活用されてみて下さい!


いかがでしたでしょうか。
生命保険での運用は、100倍に増えたりとかはしませんが、リスクを抑えて手堅く資産を増やすことができます。


そして、出口の課税もコントロールすることで、手取り収入を増やすこともできますので、
高額所得で税金に悩まれている方には、保険での資産運用をオススメさせて頂きます。

 


具体的なプランニングをご希望される場合は、ぜひお問い合わせをお待ちしてますね!

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 


あなたにピッタリな法人保険診断

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!    

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up
 

「経営者、勤務医、外資証券マン、、、高額所得者に贈る「生命保険資産運用ベストプラン」」に関連する記事

ビジネスの局面を切り抜ぬけるための、ゴッドファーザーの名言をまとめました。
映画ゴッドファーザーは、とあるマフィア組織の合法化を進める健全な経営の難しさと、ビジネスと家庭の両立の難しさを表現した映画で、特にビジネスマンに絶大な人気を誇りました。
OFFICE LIFE | 8418view
役員は絶対どこかで逃げる。「創業株主間契約書」と「役員委任契約書」は忘れずに。
日本の夫婦の3分の1が離婚しているという統計があるみたいですが、それをおんなじ感覚で、経営ボードメンバーを見ると痛い目にあいます。実際は、ほとんどの役員はやめてしまいます。
OFFICE LIFE | 10636view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3462view

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング