法人保険

経営者が知っておくべき生命保険活用術の全てを解説しています。扱っている法人保険コンテンツは、節税、決算対策、キャッシュフロー改善、退職金準備の生命保険、福利厚生保険、経営者個人の医療保険、介護保険、ガン保険、事業保障、保険料贈与など。

法人保険の記事一覧

151件中 121件 - 140件
変換権を活用すれば老後も相続も安心
社長という人種は自分の引退など考えないものです。しかしながら、いづれはやって来る老後について、どこかで考えなくてはなります。考えるなら「今でしょ」というわけで、終身保険への変換について解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1952view
どちらが生き残るか賭けようぜ!連生終身保険。
連生終身保険とは「ふたりの保険をワンパック。夫婦の保障が、一生涯続きます。」という保険です。なお、夫婦だけではなく 3親等内の親族までの間柄でも加入することが可能です。
OFFICE LIFE | 2752view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4149view
退職金制度を作る方法と積み立て方法
退職金制度を作るにはまず退職金規定を設けなければなりません。また退職金の積み立て方法は、公的年金と、内部留保と、生命保険があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9939view
自社株買い取り、それとも二代目に世襲。株式の相続対策は気をつけて。
二代目社長の悩みはズバリ「自社株を相続した際の相続税」です。自社株式の評価法は「配当金額」「利益金額」「純資産額」で類似業種を比較するほか、「創業してからの毎年の経常利益の合計+資本金」という算出方法があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2399view
被保険者を自分にする必要はない。経営者の賢い勇退方法。
法人が保険金をかけて、法人が返戻金や保険金を受け取る場合、被保険者が誰であれ、保険から得られる利益に個人は関係なく、使いみちは法人の自由です。とはいえ、税務署にきちんと説明ができないといけません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1258view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3868view
人生はギャンブル、癌を予想したら特定疾病前払式終身保険
「特定疾病により、所定の状態になったら保険金の一部を前払いし、その後の保険料はいただきません。」という保険です。 保険料の払い込みが免除なることを「P免」といい、保険料払込免除特約という形で付加されます。
OFFICE LIFE | 2194view
開業医なら知っておきたい福利厚生の保険活用術。
医療法人は、保険を節税や内部留保のために保険活用が有効ですが、個人事業主として開業している先生は保険を使っても損金として認められません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3034view
創業期の経営者は変換権を活用しよう。
創業期の保険のポイントは「借入金と同程度の保障」と「固定費を増やさないように安い掛け捨て」があげられます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1179view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 18773view
法人税は低くなり、個人の税金高くなるからこそ、今からできること。
グローバル化が進む昨今、国は企業の海外流出を防ぐため、企業の海外競争力をつけるため、法人税を低くすると打ち出しました。一方で、所得税、相続税が高くなり、消費税は引き続き上がる予定です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2980view
【事業保障の生命保険】企業存続に必要な金額、4つの考え方
事業保障資金を確保するために生命保険をかけるということは、「信用を維持する」「従業員を守る」「売上をカバーする」「社会的責任を果たす」などの目的が考えられます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1567view
「経営者と給与所得者の違い」で選ぶ生命保険の三か条
経営者の多くがサラリーマン時代の保険をそのまま継続しています。 ここに最初の生命保険に関する見直しポイントがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3265view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 12956view
経営者ならしっておくべき団体信用生命保険。
信用保証協会付融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入しておけば、経営者に万が一のこと発生した場合には借金はチャラになっても、おりてくる保険金には課税されます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4715view
経営者なら知っておくべき損金不算入。
法人税の算出に使われる課税所得は、税法上は「益金」から「損金」を差し引いたものです。 ここで出てくるのが、通常の売上利益に対して足したり引いたりする「損金算入」「損金不算入」「益金算入」「益金不算入」という用語になります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2421view
税理士も筆のあやまり。損害賠償は10億円突破。
税理士賠償責任保険の支払状況より、税理士によりどんなミスが起こりうるのかを、徹底解説していきます。経営者の皆様も、予期して税理士に確認することで、追徴課税がおきないようにしておきたいものです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5007view
取引信用保険で売上アップ?
損害保険商品である「取引信用保険」とは、取引先の倒産などにより売掛金が回収出来なくなった場合に保険金が支払われる保険です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 814view
auが生命保険や住宅ローンをやるってホント?
固定通信、決済、電力などに事業領域を拡大している携帯電話キャリア。KDDIは、生命保険や住宅ローンを発表しました。
OFFICE LIFE | 5880view
3 4 5 6 7 8
ピックアップ
話題のキーワード

該当する記事がありません。

アクセスランキング