法人保険

経営者が知っておくべき生命保険活用術の全てを解説しています。扱っている法人保険コンテンツは、節税、決算対策、キャッシュフロー改善、退職金準備の生命保険、福利厚生保険、経営者個人の医療保険、介護保険、ガン保険、事業保障、保険料贈与など。

法人保険の記事一覧

151件中 101件 - 120件
終身保険の法人加入、唯一のメリットは事業承継対策
終身保険は、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりとメリットが大きいのですが、法人の場合は少しカラクリが違います。
OFFICE LIFE | 2075view
半損になっても法人向けがん保険が人気の理由
平成24年まで「法人向けがん保険」は保険料全額の損金算入が「黙認」されていました。 それが半額になったわけですからメリットはずいぶん薄くなったかに見えます。
OFFICE LIFE | 2143view
期間短縮は、死亡保険金額には変動なし。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 1153view
【法人保険の払済】そう簡単には失効しないと心得よ
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 2798view
打つ手がないときに備える法人保険の契約者貸付制度。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 1154view
【法人保険の減額】会社にキャッシュが足りない時、あるいは勇退を先延ばしするときの技と心得よ。
法人保険の保険料は、個人のそれと比べて比較にならないほど高額になることがほとんどです。 会社にキャッシュが足りなくなったときに、加入した保険をどう活用すれば良いかという時に考えられる手法は、①減額、②契約者貸付、③払済、④期間短縮の4パターンがあります。
OFFICE LIFE | 1186view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3625view
【節税の切り札】表あれば裏あり。逆ハーフタックスプランで全額損金。
全額損金となる養老保険を使った節税対策で通称「逆ハーフタックスプラン」と呼ばれる怪しげな用語があります。 これは「逆養老」とも呼ばれるもので、保険料の全額を損金とできる上、解約返戻金または満期保険金を退職金に活用できるというものです。しかしながら実は、リスクが高く、事前にしっかりと理解しておくことが大切です。
OFFICE LIFE | 3208view
生命保険を活用しない相続対策はあり得ない。
相続税増税のニュースが一時期多く報道され、事実として相続税は増税傾向です。 相続対策というと節税をイメージされる方も多いかもしれませんが、まず、「争族」とならないよう、「適切に遺産を分割できるか?」ということが優先です。その次に、相続税は現金納付が原則ですので、「きちんと納税できるか?」なのです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2062view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 8786view
逓増定期保険。経理処理の3つのポイント
逓増定期保険で税務上のメリットを得るためには3つのポイントがあります。 年齢、期間、損金と資産の割合、についてしっかり抑えましょう。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2729view
相続税対策といえば一時払終身保険。
1回の支払いで、終身にわたって死亡に備えながら、資産形成ができる保険です。 「月払い」「年払い」に比べて保険料を安く抑えることができるほか、相続税対策にも利用できます。
OFFICE LIFE | 6698view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 6094view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9518view
経営者目線で福利厚生を考えると、実はグループ保険がコスパ最高!
グループ保険とは、契約者を法人、被保険者を従業員にして掛ける保険で、従業員の福利厚生として活用されております。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2931view
保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 73580view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 6686view
退職金の現物支給は、短期払医療保険&名義変更で!
掛け捨てにあたる「医療保険」は全損扱いとなります。 役員に対する医療保険、そして退職金現物支給として活用されています。
OFFICE LIFE | 2288view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 17865view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4128view
2 3 4 5 6 7 8
ピックアップ
話題のキーワード

該当する記事がありません。

アクセスランキング