法人保険

経営者が知っておくべき生命保険活用術の全てを解説しています。扱っている法人保険コンテンツは、節税、決算対策、キャッシュフロー改善、退職金準備の生命保険、福利厚生保険、経営者個人の医療保険、介護保険、ガン保険、事業保障、保険料贈与など。

法人保険の記事一覧

151件中 21件 - 40件
今でも実行できる、禁断の逆ハーフタックスプランとは?
逆ハーフタックスプランは、社長個人の可処分所得最大化するプランとして、大変人気のプランでした。
法人保険ドットコム | 1451view
契約者貸付制度でもっとも激アツな生保会社はどこ?
契約者貸付という制度、どの保険会社にも付加されています。 しかしながらパフォーパンスが違うのが世の中というものです。
法人保険ドットコム | 485view
オススメ個人年金保険とは?
個人年金の種類といえば、確定年金、終身年金、変額年金があり、円建てか外貨建てかも重要になってきます。
法人保険ドットコム | 803view
有配当の生命保険と無配当の生命保険の違いとは?
生命保険の保険料は、予想運用利回り(予定利率)で、亡くなる方の想定割合(予定死亡率)、 事業費用として想定される費用割合(予定事業費率)の3つの予定率を勘案することで決定されています。
法人保険ドットコム | 407view
オススメの外貨建て保険とは?
マイナス金利で円高基調ですから、そりゃ外貨建て保険に走るわけです。
法人保険ドットコム | 904view
予定率が史上最低水準だから人は「変額保険」に走る。
変額保険は、自分でポートフォリオを選んで返戻金のパフォーマンスをあげたい人向けの保険商品です。
法人保険ドットコム | 653view
マイナス金利の影響で売り止め。一時払い終身保険。一時払い個人年金はどうなる?
もはや、体況無審査の円建て一時払い終身保険はマイナス金利の影響で壊滅しました。外貨なら体況無審査の一時払い終身保険保険があります。
法人保険ドットコム | 1880view
返戻金を担保に銀行融資ができる制度が保険料ローン(Pローン)
保険料ローン(Pローン)は保険料支払い専用の融資を受ける方法で、保険の解約返戻金に対して質権(担保)を設定、質権を設定した金額の範囲内で金融機関から融資を受け、保険料の支払いに充てることができます。
法人保険ドットコム | 1749view
介護医療控除枠で節税しながら貯蓄ができる生命保険とは?
介護医療保険料控除」という税制優遇では、8万円以上の医療保険・がん保険・介護保険の保険料支払いで、所得税最高4万円、個人住民税最高2.8万円の控除をすることができます。
法人保険ドットコム | 2829view
長期保険は期間短縮と期間延長を自由自在に。
「将来払えなくなったらどうしよう?」という不安があったときに「期間短縮」があれば、強気に行くことができます。そこでもう一つ考慮に入れたいのが、そこからの「期間延長」です。「途中で払えるようになったらどうしよう?」という時に初志に戻ることができるオプションです。
法人保険ドットコム | 2130view
特別条件がついたときの変換や更新はどうなるの?
特別条件というと、なにやらいい響きですが、保険業界ではバッドな条件のことをいいます。
法人保険ドットコム | 487view
相続対策に、変換時に証券分割。
相続時の生命保険の死亡保険金は、法定相続人ごとに500万円の非課税枠がありますから、非課税枠分だけ保険契約を複数に分割するという相続対策の必殺技です。
法人保険ドットコム | 354view
2回以上の変換ができる生命保険会社
会社の成長とともに劇的な変化のおこる経営者の健康状態。創業間もない経営者は「変換2回以上可能」の生命保険に入りましょう。
法人保険ドットコム | 608view
変換できる保険金額は変換時の保険金額が上限という場合がある。
多くの生命保険会社が変換制度をもっていますが、「変換できる保険金額は変換時の保険金額が上限」という生命保険会社がありますのでご注意ください。
法人保険ドットコム | 373view
契約者と被保険者が違う場合の変換が可能な生命保険会社もある。
法人契約の定期保険を個人に名義変更します。 保険契約の買取価格は買取時の解約返戻金額で決まりますから、掛け捨てで解約返戻金のない定期保険は0円で買い取ることができます。
法人保険ドットコム | 360view
変換制度のない会社もあるのでご注意を!
多くの保険会社では変換できる種類が終身保険と養老保険だけに限る場合が多く、変換したときに保険料がかなり高くなるという問題もあります。
法人保険ドットコム | 366view
クレジットカード払いができる生命保険会社がある。
あまり聞き慣れませんが、カード払いのできる生命保険会社があります。 外交員はカード払いができる決済端末を持ち歩いているということです。
法人保険ドットコム | 1398view
保険の流通を理解すれば当然。保険業界の情報の非対称性について。
医療の世界ではセカンドオピニオンが当たり前になっていますが、 保険選びもセカンドオピニオンをとるべきです。
法人保険ドットコム | 2067view
返戻率だけではない。保険商品の見定め方に「社内規定」というものがある。
1.◯年後の返戻率、保険料という数字上のスペック 2.判断根拠になる社内規定項目 の掛けあわせの分だけ保険の選び方があり、 保険営業パーソンの取り扱いのない保険の有利な情報は降りてこないというわけです。
法人保険ドットコム | 842view
いったいどんな保険営業マンが信頼できるのか?
「俺は人間力で保険を売っている」という者こそ、我々は遠ざけなければなりません。企業のお金を預かっている以上、数字的メリットや客観的メリットで判断するのが経営者の責務です。
法人保険ドットコム | 1338view
1 2 3 4 5 6
ピックアップ
話題のキーワード

該当する記事がありません。

アクセスランキング