大自然で心も体もデトックス!トレイルランで自分をリリース!

株式会社キュービックホールディングス(以下キュービックホールディングス)が新しい取り組みをしている。福利厚生の一環として、健康に配慮したナチュラルエナジードリンク「ORGANIQ®」を導入した特典で、TSUKURU株式会社(以下TSUKURU)が主催する「東京裏山ベース」でのトレイルランを体験した。あまり馴染みがないであろうトレイルランだが、かなり高い満足度を得られたようだ。参加したことでどのような変化が起こったのだろうか。当日の彼らに密着した。

心身の健康を目指す取り組みートレイルランで“ありのままの自分”に!

 

社員の働きがいと健康を思いやるキュービックホールディングス。ビジネスにおいて高いパフォーマンスを発揮し続けるためには、社員の心身の健康がマストと考えている。そんな同社は、今年からナチュラルエナジードリンク「ORGANIQ®」を導入。ここぞという時に飲むとスイッチが入るという、エナジードリンク本来の機能に加え、白砂糖不使用・スーパーフードを原材料にしているという点で健康面から見ても良い。飲むことでスイッチが入り、集中して業務に取り組める。まさに会社にとっても社員にとっても良いことだらけだ。


そんな同社がまた、新しい福利厚生を取り入れた。「ORGANIQ®」導入企業の特典としてTSUKURUが提供する「東京裏山ベース」でのアクティビティ体験というものだ。

 

「東京裏山ベース」とは、JR武蔵五日市駅にあるシェアスペース。武蔵五日市駅はBBQなどでおなじみの秋川渓谷観光の拠点であり、アウトドアフィールドをもつ檜原村の玄関口。同スペースでは、自転車やトレイルランニング・トレッキング・キャンプ・BBQや各種ワークショップなどに関わるあらゆる情報を発信している。

 

参加前の声

今回、キュービックホールディングスはTSUKURU主催のトレイルラン(初心者コース)に参加。参加者は10名(男性7名:女性3名)となった。しかし、参加前のアンケートを見ると、トレイルランに対して前向きな意見は少なかった。

まず、参加者全員がトレイルラン未経験者。うち「興味がある人」は3人。とは言え、それも「やや興味がある」レベルだ。他は「あまり興味がない」が3名、「どちらとも言えない」が4名。


運動習慣の有無については「ほとんどしてない」が5名、月2〜3回が2名、月に1回程度が2名、週に1回程度が1名。全体的に運動不足の人が多い参加となった。

 

はじめてのトレイルラン

今回実施したコースは10キロの山道。正直、初めての人にすれば“げげっ”と思うような距離だろう。トレイルランという響きから、ずっと“走らなければならない”というイメージもある。

 

しかし、心配は無用。実際はひとりひとりのコンディションに応じて、コースディレクターがルートやペースをアレンジしてくれる。今回も参加者のレベル感を考慮し、途中でサクサクと行ける人、ゆっくり行きたい人の2グループに分けた。

 

これなら全員が気兼ねなく自分のペースで楽しめる。安全への配慮もしてくれるので、初心者でも安心だ。


トレイルランの醍醐味は“自然を体感する”こと以外にも

山の中には他の参加者も当然いる。登山客とのすれ違いざまに挨拶をしたり、参加者同士で声を掛け合ったりと、あたたかなコミュニケーションが生まれる。

 

大自然の中で自分が解放されていくのを感じられるのもまた、トレイルランの魅力だろう。参加者の中からは「仕事の時には見せない“ありのまま自分”で仲間と接することができた」なんて声も上がった。

 

トレイルランは単なるスポーツではない。相手の意外な一面や自然体な姿を知ることができるツールになりえるのだ。仕事では知りえなかった顔を知ることで、互いの距離がぐっと近づく。


トレイルラン終了後にはBBQで乾杯。体を動かした後の食事は格別だ。それぞれの感想で話も大いに盛り上がり、笑顔が絶えない一日となった。

 

 

参加後の声

体験終了後、再度アンケートを実施。すると驚くべき結果となった。


まず、興味度について聞くと「またやりたい」が9名、「練習して、リベンジ」が1名。「満足度(5段階評価)においては、なんと9人が5、1人が4という結果に。それぞれの感想は次の通り。


【満足度5の人の声】

「自然の中で体を動かせて楽しかったです!意外ときつくない?爽やかな気持ちで終始楽しめました。体の使い方で疲れ方が全く違うということが驚きでした。」(女性・24歳)


「トレイルラン、こんなに奥深いと思わなかった!!またやりたいです!」(男性・25歳)


「初めての取り組みでしたが、普段の運動不足がわかりました。しかし、終わってみればスッキリとして、仕事の悩みまで晴れたような気がします。今回途中挫折してしまいましたが、また挑戦したいと思いました。」(男性・28歳)


「運動強度がちょうど良く、先生の説明もわかりやすかったし、天気も良くて気持ちよかったです。」(男性・35歳)

 

【満足度4の人の声】

「自分の不甲斐なさにー1点」(男性・27歳)

 

上記の声から、質の高いアクティビティだったことが見てとれる。今回の体験で、自分の運動不足の再認識・心身のリフレッシュ・身体を動かすことの楽しさを得ることができたようだ。

 

本来の自分をさらけ出し、仕事を楽しむ

 

今回のトレイルランで、参加者は運動不足であることを自覚できたり、運動をする大切さに気づくことができたようだ。しかし、それだけではない。いつも仕事をしている仲間に“ありのままの自分”を見せることができたのが、実は価値として一番大きいのではなかろうか。


人生のメインタイムは仕事になるが、仕事中は“仕事モード”になり、無意識のうちに違う自分を演じている。ありのままの自分をさらけ出せないことは、実は思っている以上に精神衛生上負荷をかけていたり、知らずとストレスをためていたりする。これらが蓄積されると、本人のダメージはもちろん、仕事のパフォーマンスを低くする可能性がある。とは言え、社内で自然体な自分を見せる機会などなかなかないのが現実だろう。


しかし、アクティビティでともに汗を流せば、いつの間にか自然体で仲間と話せている自分がいる。仕事以外での交流を深めることができれば、仕事の時も変に片意地張らずに接することが可能になるのではないか。アクティビティの真意は、実はここにあるのだ。


社員が心身ともにリフレッシュし、同僚との関係も深まれば、会社への貢献度も自然と高まるだろう。それが結果として、質の高いパフォーマンスや、ひいては残業時間の減少につながり、企業側にも費用削減という嬉しい効果が見込める。


会社と社員にシナジー効果をもたらすTSUKURU提供のアクティビティサービス。今回の実施で、その価値は充分にあると確認できた。今後も、各企業のニーズに応えるべく取り組む姿勢だ。TSUKURUの次なる展開にご期待あれ。

 

 

 

 

「大自然で心も体もデトックス!トレイルランで自分をリリース!」に関連する記事

本気スイッチが入る パフォーマンスとモチベーションを高くする有効ツール
今後“求められるサービスを提供する”には、何か突き出たものが必要。単に与えられた仕事を遂行するだけでは熱量のあるサービスは生まれない。「この企業だから」「このサービスだから」と選ばれるには、人の心に届く何かがないといけないのではー。そう語る花咲けピクチャーズ株式会社代表取締役 小松広人氏。質の高い仕事を成し遂げるには、社員のモチベーションがすべて。仕事、会社に対するストレスフリーはもちろん、働く人達が“仕事を楽しむこと”、”自分の仕事に満足していること”が何より大切と語る。それを実現出来る環境を用意するのに有効的なツールが「ORGANIQ®」だった。
TSUKURU株式会社 | 4643view
世界が認める100%天然由来のエナジードリンク「ORGANIQ®」 中小企業やベンチャー企業にて、福利厚生制度利用による導入を開始
TSUKURU株式会社(代表取締役:辻吉彦、本社:神奈川県川崎市、以下TSUKURU)は、2016年2月より、化学成分不使用の自然由来原料から生まれたエナジードリンク「ORGANIQ®」を、企業の福利厚生の一環として商品提供を本格的に開始いたしました。現在、中小企業やベンチャー企業での導入実績があり、2016年3月以降には、新たに10社が導入を検討しています。 マラソンランナーやトレイルランナーなどの多くのアスリートからも支持されている同商品は、忙しいビジネスマンのエネルギーチャージをサポートします。
TSUKURU株式会社 | 3064view
「ORGANIQ®」で伝える、健康であることの価値
TSUKURU株式会社(代表取締役:辻吉彦、本社:神奈川県川崎市、以下TSUKURU)は、2016年2月より「ORGANIQ®」を福利厚生の一環として、企業への導入を開始しました。今回、既に年間契約で導入いただいている株式会社キュービックホールディングス(本社:東京都新宿区、以下キュービックホールディングス)代表取締役 CEO 世一英仁氏に、導入後の変化や今後期待することについてお話を伺いました。
TSUKURU株式会社 | 4132view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング