オフィスを快適にするカーペットの選び方

オフィスの床材として一般的なものは、カーペットやタイルカーペット、ラグなどの繊維系ものと、クッションフロアやフロアタイルなどの塩ビ系ものがありますが、今回ご紹介するのは、繊維系のカーペットです。カーペットは滑りにくく安全であると同時に、防音性・防塵性にも優れています。タイルカーペットの種類やオフィスに最適なカーペットの選び方をご紹介いたします。

タイルカーペットの種類やオフィスに最適なカーペットの選び方

1)主流はタイルカーペット

オフィスで最も多く採用されているのが、タイルカーペットです。パネル状になっているので、搬入や施工が容易で、さらに部分的に剥がすことが可能なので、床に電源や通信線の接続口が多いオフィスには最適です。また、カラーバリエーションが豊富なので、色や柄のコーディネートによって、さまざまなデザインのバリエーションが広がります。そして、最新技術により、防汚性・耐久性だけでなく、防炎性・静電気防止・消臭機能付き・有害な細菌の繁殖を抑制する殺菌加工を施したものなど、さまざまな機能を持たせたものがあります。

 

2)タイルカーペットの種類と特徴

タイルカーペットの素材には、ナイロンとポリプロピレンがあります。ナイロンは感触がソフトですが、家具跡が付きやすいという欠点もあります。ポリプロピレンはやや硬いものの、安価で洗濯も容易です。また形状では、ループパイル(リング形状)とカットパイル(カット形状)があります。ループは端がほつれにくく、ボリューム感があり、パイルはやや端がほつれやすいですが、ソフト感・高級感があります。さらにサイズでは、50×50と40×40の2種類があります。原着ナイロンや原着ポリプロピレンという表示のものは、原料を直接着色する製法で、染料を糸の中に直接溶かし込んでいるため、汚れが染み込みにくくなり、防汚性・耐候性(色褪せ)が優れています。

 

3)タイルカーペットの選び方

タイルカーペットは、歩行量によって重歩行用と中歩行用に.............(続きを読む)

 

【officil(オフィシル) Magazine(特集・記事)】

オフィスを快適にするカーペットの選び方

https://officil.com/article/171

 

 

「オフィスを快適にするカーペットの選び方」に関連する記事

効率的なオフィスワークは書類整理にアリ!
オフィスには重要な書類や契約書が多数あります。いざという時にいちいち書類を探すようでは、時間と労力の無駄になり、仕事の効率が悪くなります。また、書類はいつの間にかどんどん増えてしまうもの。書類の整理ができないと、どうしてもオフィスは雑然となりがちです。そのためにも書類棚や収納キャビネットなどの知識や選び方も大切ですね。更に上手な書類の整理で仕事の効率アップとすっきりオフィスを目指しましょう。
株式会社プロレドパートナーズ | 901view
意外と知らないインテリア!正しい「オフィス家具」の選び方
これから起業を考えている方、オフィス開設の準備をされている方、正しい「オフィス家具」の選び方をご存じでしょうか?オフィスは長時間働く場です。快適に仕事を続けるために、特に机や椅子といった「オフィス家具」選びは慎重にしたいものです。しっかりレイアウト設計をした上で、正しい「オフィス家具」を選ぶようにしてくださいね。
株式会社プロレドパートナーズ | 518view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング